FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

くぬぎ村出来事

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

<カブトムシ名人が開発!> 

Posted on 23:56:28

「カブトムシ名人」が飼育用の土壌開発
兵庫県朝来市和田山町竹田の畜産資材業「コバヤシ産業」が
カブトムシ飼育用の土壌・・・
「こばやしひろし名人のインセクトソイル」を販売している
竹のおがくずを熱処理で殺菌する独自の製造方法で・・・
・・・昨年特許も取得
「カブトムシ名人」と呼ばれる小林博会長(75)の
長年の研究成果だという
同社は製材所から出るおが粉やカンナくず・・・
樹皮・木くずを活用し・・・豚や鶏・牛など家畜の敷き材を製造している
22年前・・・倉庫の隅にたまって放置された樹皮やおがくずから
カブトムシの成虫が次々と出現
驚いた小林会長は生態に興味を抱き・・・研究を始めた
「カブトムシの親は夜中に相当な距離を飛び・・・
卵を産み付ける場所を探す・・・
腐った木くずは・・・
幼虫が育つのに理想的な環境だったんです」と・・・小林会長
毎年・・・土壌の配合を何通りも試しながらカブトムシを育て
各地の小学校や幼稚園に幼虫を贈るボランティアも開始
2006年には県の善行表彰「のじぎく賞」も受賞した
今では朝来市山東町柿坪の工場で約1万匹を育てているという
研究の一つの集大成が・・・
竹のおがくずを使った「インセクトソイル」
「竹は砕くのが大変だが実はカブトムシと相性がよく・・・
食欲旺盛で大きな虫に育つ」と・・・小林会長
熱処理を施しているため幼虫やさなぎにカビが生えたり
ダニがわいたりする心配もほとんどないという
同社で5リットル600円(税込み)購入でき
ホームページなどで幼虫の飼育方法も公開しており
小林会長は・・・
「今年はカブトムシのシーズンも・・・
終わってしまったので来年試してみて」と呼び掛けている
     カブトムシ名人が飼育用の土壌開発
コバヤシ産業 079-674-0154
             (神戸新聞 長谷部崇さんからの引用)
      人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
ニュース  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。